Twitterを使ったマーケティング戦略

Twitterは世界最大のSNSメディアの1つであり、ユーザー数は1億8700万人で、日本ではFacebookに次ぐ4500万人の影響力のあるメディアです。 このサービスの特徴は、ツイートと呼ばれる140文字の文章、画像、動画を投稿できることと、災害や政治情報をリアルタイムで送信する機能を備えていることから、ニュースメディアとの親和性が高いことでも知られています。

FacebookやInstagramなどの他のソーシャルメディアが成長している一方で、Twitterはユーザー間の強いつながりをもたらし、2008年に日本でリリースされてから約10年経った今でも根強い人気があります。

Twitterを法人アカウントとして運営するメリットは、PRキャンペーンなどを活用して商品やサービスをアピールできること、アピールの内容をリツイートすることで情報が広まり、いわゆる「バズ」る現象が発生する 可能性が高いことです。 Twitterの普及効果を上手に誘発できれば、話題性を高め、会社のイメージを向上させ、社会認知度に変換することができます。

 

Twitterマーケティングのテクニック

 

  • 企業Twitterアカウントの運用

これは、最も効率的な方法である企業アカウントの運用です。企業アカウントを使用すると、無料であなたの会社を宣伝し、あなたの会社を紹介することができます。 費用はかかりませんが、プロモーションを取得する前に、多くのユーザーに興味を持ってもらい、フォロワーを増やす必要があります。 そのため、宣伝や紹介だけでなく、時事や日常の話をしたり、ユーザーの反応に反応したり、Twitterの双方向性を活かして工夫したりする必要があります。 また、コンプライアンスと燃焼にも細心の注意を払う必要があります。

 

  • Twitterでキャンペーンの告知

「Follow&RTで対象商品を抽選でプレゼント!」などのキャンペーンを実施する方法です。サービスや商品の恩恵を受ける可能性のある心理学を利用してフォロワーを獲得します。 意識を高め、フォローアップして、商品や企業の良さを知ってもらい、ファンにしてもらう方法です。 詳しくは関連記事をご覧ください。

 

  • Twitter広告の活用

Twitterを利用したマーケティング手法として、広告を掲載する方法があります。
リスト広告で使用されるクリックタイプの請求とは異なり、Twitter広告は、ブラウジング、リツイート、返信などのユーザーの行動に応じて請求されます。 広告タイプには、プロモツイート、プロモトレンド、プロモビデオ、および「プロモーション」というラベルが付いたユーザーのフィードに表示されるインストリームビデオ広告が含まれます。これらは、関連するユーザーが別のビデオ再生ボタンを押した直後の広告ビデオです。 一部挿入可能です。 また、これらのTwitter広告では、幅広いターゲティング設定が可能であり、詳細に指定されたペルソナに基づいて配信設定を行うことができます。

 

  • インフルエンサーマーケティング

Twitterのフォロワー数が多いインフルエンサーアカウントに商品PRをお願いする方法です。美容やダイエットなど専門分野のアカウントの属性に応じたPRを頼むことが多いです。PR表記がないとステルスマーケティングになり企業や商品の信頼が落ちるので、必ず記載してもらいましょう。


また、ユーザー側がPRとステルスマーケティングの差を知らずに、PR依頼DMをTwitter上に晒し間違った認識が広まる可能性もあります。そのためPR依頼実績があるなど投稿履歴を確認しユーザー選定を行いましょう。またユーザーに誤解を与える依頼分は避けましょう。